パパ活をするときに、いつパパに会えばいいのかというのは、意外と重要になってきます。どれだけ条件の良いパパを見つけることが出来ても、会うタイミングがなければ、続けることはできません。ですから、スケジューリングをしっかりして、パパ活に臨みたいですね。

パパと会えるのはいつになるの?

パパによって職業が違いますから、大まかな話しかできませんが、多くの場合、平日は会えないでしょう。会えたとしても、平日の夕方から夜になりますから、夕食を一緒に食べることになりますね。
パパ活で人気の医師だと、夜勤などがありますから、もう少し不規則になるかと思います。

それでも、勤務時間は決まっていますから、医師が相手でも予定をしっかり立ててパパ活をすることが出来るでしょう。
美容師などになってくれば、定休日が日曜日ではないですから、会うのは平日になると思います。
サラリーマンでも、外回りをしているときに会おうと言ってくる人もいるかもしれませんので、やはり人それぞれですね。

パパ活でスケジュールを大切にしたいときは社長は避ける

パパ活では社長を狙えと言われることもあります。お金は持っていますから、優良なパパになってくれることはそうかもしれませんね。
しかし、社長になると、会う時間が刹那的になる可能性があります。

日々忙しく、決まった時間をとることが出来ない人も多いですから、空いた時間に「今から会えない」と誘われる可能性が高いです。
これは社長に限らず、就業時間が決まっていないような職業についているパパであれば、誰でも可能性があるでしょう。
急な呼び出しが嫌だというときには、契約を結ぶ段階で、しっかり会う日時を決めてしまうのが良いかもしれませんね。

スケジュール管理をすることで複数のパパを持つことも

複数のパパが居れば、それだけもらえるお金も増えます。ですが、ダブルブッキングをしてしまうと、大変ですよね。
しかし、スケジューリングをしっかりしていれば、ダブルブッキングになることもないでしょう。

また複数人パパを持つことで、1人とお別れすることになったとしても、すぐに収入がなくなることもありませんから、リスクマネジメント的にも、優秀だと言えます。

パパ活はパパの都合が優先されるけれど

パパの方が時間がありませんし、何よりパパがお金をくれるわけですから、会う時間はパパに合わせることが多いでしょう。
しかし、自分が都合がいい候補日を提示することくらいはできます。
自分の自由な時間を作るうえでも、いつでも大丈夫とは言わない方が良いでしょう。