パパ活とはお金を稼ぐと同時に、年上の男性と接する機会でもあります。
しかも相手は、パパ活が出来るほどのお金を持っている人で、中には人間的も尊敬できる人もいるでしょう。
そんな相手を好きになってしまうことは、ある種仕方がないかもしれません。しかし、その恋は実るのでしょうか。

パパ活で好きになってしまったなんてことがあるのか

近年はサラリーマンでもパパになっているという話も聞きますが、基本的にパパになるのはお金持ちであり、要するに成功者と呼ばれる人たちです。
人間関係を無視できない現代において、成功できる人は、多くの人に尊敬される人ですから、パパとなってくれる人の中には、当然人間的に尊敬できる人もいるわけです。
お金を持っていて、性格が良いとなれば、年が離れていても好きになってしまう人が居ても、何らおかしくはないでしょう。

好きになってしまったらパパが既婚か未婚化をはっきりさせる

体の関係がなくとも、既婚者を相手にパパ活をしていると、慰謝料を請求される可能性があります。そのため、あえて訊いていないという人もいるでしょう。
ですが、パパを好きになってしまい、パパと一歩先の関係になりたいと思ったら、知らないままでは、どう転んでも幸せにはなれません。

訊いてみて相手が既婚者であれば、身を引くようにしてください。
既婚者だとわかったうえで、体の関係を持ってしまえば、バレた時にパパも自分も慰謝料を請求されるでしょうし、それ以上に社会的立場に大きく影響して、パパが仕事を続けられなくなるでしょう。

未婚だとしても恋人になれる可能性は低い

話を聞いて、未婚だとしても上手くいくとは限りません。
むしろ、可能性は低いと考えておいた方が良いでしょう。
というのも、パパが今の関係に満足しているかもしれないからです。

未婚でパパとなっている人は、過去に結婚で痛い目を見たから、もう結婚する気がないなど、恋愛まで発展させたくないからパパになったという人が少なくありません。
そのため、思いのたけをぶつけたとしても、フラれてしまうでしょう。

実際、パパにフラれたという体験談は見かけても、パパと付き合えたという話はあまり見かけません。
もしも、告白しようと思うのであれば、全てを捨てる気で臨む必要があります。

パパ活はパパ活と割り切った方が良い

パパ活はお金だけのやり取りではなく、パパを尊敬し人間として成長できる場でもあります。しかし、そこまでにとどめておくことをお勧めします。
もしもパパを好きになってしまったら、その先上手くいくことは少ないでしょう。