パパ活how-to

初めて会う相手に身バレしないための個人情報の扱い方


どこまで教えてもいいの?

パパ活で、特に気を付けたいのが個人情報の管理です。顔合わせで危ない人に出会ったとしても、すぐに逃げてしまえば事なきを得ることもできますが、もしも住所を知られてしまうと、家にまでやってくる可能性があります。
しかし、パパと付き合う中で、何も教えないわけにはいきませんよね。

そこで、パパ活での個人情報の扱い方について、お教えします。

信頼できる相手でも教えないように!

基本的に教えても大丈夫なことは、連絡先としてのフリーメールのアドレスや、学生・OLと言った簡単な職業、あとは年齢くらいです。
フリーメールではなくても、個人に繋がらない連絡先なら、教えても大丈夫ですし、連絡先を教えないというのはまず無理です。
名前に関しては、本名ではなく仮名にしておきます。ハンドルネームをそのままでもいいのではないでしょうか。

相手が信頼できると確信できるなら、本名など教えてもいいですが、できれば最後の最後まで教えない方が良いです。
この他に話しても問題ないのは、個人には結びつかない事ですね。
例えば趣味や好きなもの、嫌いなものなどです。

信頼が出来た後も、住所や勤め先、学校名は教えないようにしておきましょう。
普段の会話の中で、それらが必要になるという場面は訪れないはずです。

PCMAX《18禁》

PCMAXバナー
出会いやすさ 4.0
サポート 4.5
総合評価 4.5

24時間365日体制での監視や通報、お断り設定など、安心・安全に利用するための機能が揃っています。サポートが充実している安心サイトなので利用者も多く、快適にパパ活ができること間違いなし!

ワクワクメール《18禁》

ワクワクメールバナー
出会いやすさ 4.5
サポート 4.5
総合評価 5.0

万全のセキュリティとサポート体制により、安心と信頼が自慢のワクワクメールは会員数650万人を突破しました。困ったことがあっても真摯に対応してくれますよ。

意外な所から知られるかも?!個人情報の問題を甘く考えない

まず初対面で写真を撮ってくる人は、気を付けた方が良いです。
頼むところに頼めば、写真1枚からでも住所を特定されるかもしれませんし、ネットに流される恐れもあります。
連絡先として、電話番号を聞いてくる人もいますが、電話番号を変更することは難しいため、通話が必要であれば通話できるアプリを使うなどしておくと良いでしょう。

トークアプリで連絡を取り合うときには、登録している名前が本名になっていないかを確認しておいてください。
この他、意外なところから、本名がバレることがありますので、パパ活を始める前にすべて確認しておくと良いでしょう。名前については、パパ活で名前ってどうしているの?の項目もチェックしてみましょう。

意外とやってしまうのが、銀行口座を教えてしまうことです。お金を口座に振り込むからというのが理由ですが、口座番号を教えると、本名がバレてしまいます。
車のナンバーも個人を特定するときに使えるものになりますから、パパと会うときには車を使わないようにしましょう。

ばれたら危険!交際中に気を付けたい個人情報トラブル

ストーカーと似たような感じですが、本名や住所などの個人情報がバレると、自宅や勤め先に直接現れたり、連絡したりする人がいます。
パパ活をしていることがバレると、周りからの印象が悪くなるかもしれませんし、最悪仕事を失うかもしれません。
話をするうえで、自分の事を話す必要はあるとは思いますが、パパ活をするうえでは本名も住所も、勤め先の情報も不要です。

うっかり話してしまわないように注意してください。
しつこく聞いてくる人の場合、関係を切ってしまった方が安全です。
それから、パパと会うときには個人情報が書かれている免許証や保険証などは持ち歩かないようにして、スマホもロックをかけておきましょう。

パパ活で名前ってどうしているの?

あるアンケートでは、多くの人がパパ活で偽名を使っているのだという結果が出ました。
逆に本名をフルネームで伝えているという人は、全体の4分の1もいないそうです。
パパ活では、あまりお互いの生活には立ち入らないようにすることも大切ですから、偽名であっても、問題はないのでしょう。

むしろ、インターネットが発達した現在、本名で検索するだけで、経歴を調べられることもありますし、SNSをやっているのであれば、特定されることもあります。
SNSが特定された場合、ちょっとした記事の写真から、住所を割り出される可能性もあり、かなりリスキーです。
とはいえ、偽名では居心地が悪いという人は、フルネームではなく、名前だけを伝えるのもいいでしょう。

同じ名前の人は沢山いますから、特定もされにくいですし、実際名前だけ教えたという人もたくさんいます。

パパ活で使う名前は本名から遠ざける

偽名を考えると言っても、すぐには思い浮かばずに、結局本名をもじったものにしたという人もいれば、昔から呼ばれているニックネームにしたという人もいるかもしれません。
しかし、できれば本名と全く関係ない名前を、使うようにした方が良いでしょう。
ニックネームから、SNSがバレて、そこから多くの個人情報が伝わるという事もあります。

気を付けておきたい本名がバレるもの

偽名を使っていたとしても、本名が書いているものを視られたら、当然バレてしまいます。
トイレに立った時に、カバンの中を見られる可能性もありますから、パパと会うときには個人情報が書かれたものは持ち歩かないようにしましょう。
免許証や保険証などはもちろん、気を付けたいのは口座です。

お金を銀行で振り込むから、口座番号を聞かれることもあるでしょう。しかし、振り込む時に本名を視られてしまいます。
基本的に偽名で通帳は作れませんから、お金は他の方法で受け渡すようにしてください。
それから、トークアプリなどを使って、連絡を取り合っている場合には、そこでの名前も注意してください。

表示名が本名やニックネームだという人も少なくありません。

名前は守るべき個人情報

他にもパパといるときに、知り合いに会ってしまい、本名で呼ばれるという事もあり得ます。せっかく、本名を隠しても、それでは意味がありません。
パパ活をするときには、少しでも名前がバレないように、注意をして行いましょう

彼氏や旦那さんにばれない方法とばれた時の対処法

パパ活をやるにあたって気をつけたいのが、自分の旦那さんや彼氏にばれる、俗に言われる「個人情報トラブル」です。平和な家庭や付き合いもこれが原因で終わってしまうこともよくあることです。

では、ばれない方法、ばれた時の対処法はどのようにすればいいでしょうか。実兄を探偵に持つ私が、プロの目線でお教えいたします。まず浮気もそうですが、パパ活で一番ばれる方法はSNSやメールからの流出です。

流出といってもシャワー中などふとした場合に相手にスマホやケータイを見られるケースがほとんどです。油断をしている場合にやり取りを見られて全てがばれてしまうことは想像したくありません。

ですが、これは本当に簡単なことで気をつけられます。最近のスマホは指紋認証や顔認証システムが搭載されているので相手に見られるリスクは少ないです。

でも認証システムが搭載されていない場合はスマホやケータイはまだ多く存在します。その場合は「ロック」を掛けておきましょう。それだけで流出のリスクが大きく減ります。

ロックを掛けていることに文句を言われた場合は、解除の方法がわからないからショップの店員に解除してもらって後日見せると約束をし、その間に証拠を消しておくのがいいでしょう。こういう風に時間を稼げるのも大きな利点と言えます。

次にばれてしまったときの対処法です。彼氏がいる、または旦那さんがいる際にばれてしまった場合、とっさにできる言い訳を用意しておきましょう。

友人がやっているのを仲介しているだけ、実際に肉体関係はない、お金が欲しくて仕方なくやった等の言い訳があります。人間、とっさに言葉は出てこないので、予め設定を考えておくといいでしょう。

恋人、旦那さんがいるのにリスクが発生することをしているので、最悪の事態はいつでも想定しておくべきです。もしお互いが納得できなかったら離縁という形になります。

彼氏がいる場合、既婚者よりもリスクは少ないでしょう。既婚者の場合、最悪「離婚」となる場合があります。そうなったら悪いのはこちらになるので慰謝料、親権問題で必ずトラブルが起こります。

そのリスクを負いたくない場合は、予め旦那さんと別れる口実を探しておきましょう。一番いいのは相手に浮気の影が見える場合です。

少し費用はかかりますが、探偵を雇い証拠を固めていたら、「相手が浮気していたので寂しくて仕方なくパパ活をした」と言い訳が立ち、慰謝料、親権問題でのトラブルが回避できるでしょう。

裁判になっても有利になる場合が多いです。この様に少し転ばぬ先の杖を用意するだけでかなりの対処ができると言えます。恋人がいる、もしくは旦那さんがいてパパ活をしている人は事前に用意をしておくべきです。

設定を作るのもいいけど大きな嘘はつかないで

個人情報を隠し通せる気がしないので、設定を作るという対処法もありますが、嘘をつきすぎると、今度は詐欺罪に問われる可能性が出てきます。

関連記事