パパ活how-to

パパ活をする女性が活動を行う理由とは?

パパ活とは個人の関係ですから、女性であれば誰でもできますし、何かルールがあるわけではありません。

ですから、大それた理由が必要かと言われたら、必ずしも必要ではないでしょう。ですが、中にはこんな理由でパパ活をしていいのかな、と考えている人もいるかもしれません。

そこでパパ活をする理由について考えてみましょう。

パパ活で援助して貰う時はお金が必要な理由が必要です

パパ活をするという事は、男性からお金を援助してもらうという事です。長期的な関係を築き上げるためには、こちらから援助してほしいというのではなく、悩み相談などでお金に困っていることを伝え、男性側から「いくらほしい?」と言ってくれるのを待つのがコツです。

もしもこちらから、お金が欲しいと言ってしまうと、対価として体を求められる可能性が高くなるでしょう。ですが「いくらほしい?」という言葉を引き出すためには、何かしらの理由が必要ですよね。

その理由次第で、もらえるお金の額や今後の関係が変わってくることもありますから、パパ活において金が欲しい理由というのは、案外無視できないようです。

また、そういったやり取りがなくても、ふとしたときにパパから、なぜお金が欲しいのかとか、何に使っているのかと問われるかもしれません。

どんな理由だとパパの気持ちがプラスに働くのか

理由次第で展開が変わるという事は、良い理由と悪い理由があるという事です。パパたちに受けがいいのは、前向きな理由ですね。

夢があり専門学校に通いたいけれどお金がかかるとか、今よりももっときれいになりたい等でしょうか。前向きに頑張っている人だと、応援したいという心理が働きますから、気持ちよくお金をだしてくれます。

また、相手の承認欲求を満たすような、同世代の男の子が子供に見えてしまうから大人の男性が良いとか、大人に頼りたくても頼れなかったから甘えられる人が欲しかったといった理由も、男性の気分が良くなりますから、プラスに働く理由と言えるでしょう。

パパ活をする理由の返事次第では相手に悪い印象を与えてしまう

ここまでで、なんとなくわかると思いますが、ネガティブな理由はあまり受けが良くありません。

生活が苦しいからというのはよくありそうな理由ではありますが、それだけで終わってしまうとマイナスだと言えます。

男性側は自分の時間を使い、食事をご試走したうえに、女性に対してお金まで払っています。そこまでするのは、普段の生活では味わえない癒しを求めているからという側面があります。

それなのに、生活が苦しいのだという苦労話をされても、気分は良くなりません。「大変だけれど頑張っています」とか「やりたいことがあるから頑張りたいです」と少し変えるだけでも、印象は変わってきます。

それから、楽に稼ぎたいとか、遊ぶお金が欲しいという理由を、パパに伝えるのは当然NGです。本音はそうであっても、何かしら理由は欲しいところですね。ですが、適当に理由を作っていいわけでもありません。

借金がないのに、借金があるからと言ってみたり、行く気もないのに大学に行きたいと言ってみたりして、お金をもらってしまうと詐欺として訴えられる可能性があります。

そこまで行かなくてもパパと信頼関係は崩れてしまうでしょう。パパとの信頼をより良いものにするためにすぐに使えるパパに好かれるテクニックのページを確認してみるのもいいでしょう。

パパ活を始めることを機に楽しいと感じる事や興味がある事に挑戦してみては?

嘘をついてはいけませんから、嘘にならないように何かを始めてみても、面白いかもしれません。そこから、夢が見つかるかもしれませんよ。