甘えを制すものは、パパ活を制すとまでは言いませんが、甘え方が上手な人ほど、パパとの関係が長続きするでしょう。もらえる額も、大きくなるかもしれません。
ですが、甘えるというのは、なかなか難しいものです。上手な甘え方とはどういったものでしょうか。

我がままとは違う上手な甘え方とは?

甘えるというと、どのようなものを思い浮かべるかはわかりませんが、簡単に言えば「○○ほしい」という事ですよね。
「買ってほしい」「連れて行ってほしい」「してほしい」といくつも考えられますが、相手に何かしらを頼むことです。
では、上手な甘え方ですが、相手にあまり負担がかからず、時間をかけることがないちょっとした事を頼むことになります。

男性がパパとしてお金をくれるのは、そこに癒しがあるからです。
その癒しは、女の子に喜んでもらえるから、楽しんでもらえるから得られるものだと言っていいでしょう。
ですが、喜ばせるのに負担が大きいと、面倒くさい子だと思われる可能性があります。

度が過ぎると、甘えではなく、我がままになるかもしれませんよ。

パパにより気に入ってもらえるテクニック

パパ活で上手に甘える必要があるのは、パパに気に入ってもらえるからですよね。
気に入ってもらえば、太パパになってもらえるかもしれませんし、そこまで行かなくても、援助の額が上がるかもしれません。
気に入ってもらうには、甘えるだけだとまだ半分と言ったところでしょう。

大事なのは、相手の行動に対して、喜んだり、感謝したりすることです。
パパが甘えてほしいというのは、女の子に喜んでもらって、自尊心を満たしたいからです。
逆に言えば、いくら甘えても、反応が無ければパパは離れていくでしょう。

パパに勘違いされない甘え方ってあるの?

パパとの信頼関係を築く中で、困るのは相手が勘違いしてしまうことです。
こちらとしてはパパ活としてやっているだけなのに、勘違いされて、身体まで求められてはたまったものではありません。
しかし、勘違いさせない甘え方というのは、難しいです。

そもそも、ご機嫌を取って、勘違いしてもらった方が、お金は貰えますから甘えるという部分もあります。
ですから、安全を考えるのであれば、初めから甘えないか、相手の反応を見て逃げるしかないでしょう。

パパ活で大事なのは甘えた後

甘え上手とは、褒め上手でもあると言えます。大事なのは、甘えた後どういった反応を見せるかです。
それから、危ないなと思ったときには、すぐにパパから離れることも頭に入れておきましょう。