パパ活をする以上、お金が欲しいという気持ちは少なからずありますよね。そうすると、お金の受け渡しをする必要がでてきます。クレジットカードを使ったものや、銀行振り込みなどを使うこともあるはずです。では、どの方法が良いのでしょうか。

パパ活の援助をクレジットカードでしてもらう

まず、パパ活をするうえで、女性側がクレジットカードを使うという事はないです。
そのため、クレジットカードを見せてほしいというパパ候補は、遠慮しておいた方が良いでしょう。
クレジットカードを使う場合、パパのクレジットカードからの銀行振り込みか、パパのクレジットカードを渡されて自由に使っていいという方法になるでしょう。

前者はあとで説明しますので、まずはクレジットカードを渡されたときの話をします。
クレジットカードを渡されて自由に使えるのは、パパとしても大きなお金を移動させる必要がなく、便利な方法かもしれません。しかし、クレジットカードの場合、履歴をパパに知られることになります。

パパの良識にもよるところですが、履歴などから、個人情報を探られる可能性がありますから、あまり安全な方法だとは言えないでしょう。

銀行振り込みは意外と危ないため注意

銀行振り込みであれば、現金を持ち歩かなくていいため、安全性が高いと思われるかもしれません。
しかし、銀行振り込みをするためには、振込先を教えないといけないですよね。
その時、どうしても本名を教えないといけなくなります。

トラブルを避けるためには、個人情報は相手に教えないが鉄則ですから、危うい方法だと言えるでしょう。

パパ活で最も安全なお金の受け渡しは現金手渡し

パパ活でお金を受け渡す場合、最も安全なのは現金を手渡ししてもらうことです。
月に何十万単位でもらっている人は、その大金を持って歩かないといけないのですが、それでもパパとのトラブルを避けるためには、最善の方法だと言えるでしょう。
少なくとも、こちらの情報を何も教えずとも、お金をもらえますからね。

徹底したいのは、お金は先払いしてもらうことです。
今はお金がないからと、後払いにしたいと頼まれても、最終的にお金を払わずに逃げられる可能性もあるからです。
もしもパパが渋るようだったら、かつてお金を払わない人が居たと言っておけば、わかってくれるでしょう。

パパ活でクレジットカードはとても危険

そもそもパパ活でクレジットカードは不要ですが、ちょっと見せるだけでも、危険なのがクレジットカードです。
名前はもちろん、クレジットカードに書かれている番号だけで、ネットだと買い物もできますから、パパ活中はクレジットカードを持ち歩かない方が良いかもしれませんね。