交際クラブとパパ活

交際クラブの基本的な使い方

パパ活で交際クラブを使うと良いというアドバイスはよく見かけますが、具体的にどのような感じになるのかを書いているところは少ないように思います。
そこで、交際クラブの使い方について、簡単にですが調べてきましたのでまとめておきます。

まず最初に面接のアポイントメントを

まずは交際クラブに入会しなければいけませんが、入会するためには、面接を通り抜ける必要があります。
面接の受け方ですが、ホームページなどに電話番号やメールアドレスがありますから、そこに問い合わせるだけでいいです。
難しく考えず、名前とクラブに登録できるかどうかを尋ねてみましょう。

大丈夫だったら、面接の場所や時間について教えてくれます。
気を付けたいのは、最低限のマナーや礼儀を守る事です。実態を把握しているわけではありませんが、この連絡段階から選考が始まっているのだとしたら、守っておくに越したことはありません。

面接場所はホテルのロビーやクラブの事務所が多いようです。

面接の流れはどんな感じなの?

面接と言いますが、まずクラブの説明をしてくれます。仕組みやどういう人がクラブに入会しているかと言った話ですね。
それから、質疑応答があり、気になる点があればここで聞いておくと良いでしょう。
それが終わったら、登録用紙を書きますが、これがプロフィールになりますから、嘘は書かないようにしてください。

優良なところであれば、面接時間が長く、対応が親切ですから、参考にしてみてください。
高級クラブであるほど、女性でもより高いレベルが求められますから、話し方やしぐさにも気を遣うようにしましょう。

無事に面接に合格して登録できた後の流れ

無事に登録することが出来たら、あとは待つだけになります。
というのは、交際クラブでは男性が女性を選んでから、選ばれた女性にクラブから連絡が行くからです。
つまり男性に選ばれるまで、動きようがありません。

クラブから連絡があると、そのままデートのセッティングの話になります。
連絡が来るまでの時間ですが、人によってまちまちですぐに選ばれる人もいれば、何週間も連絡が来ないこともあります。
しかしクラブ側も、男性の好みに合わせて女性を紹介してくれますから、貴女の事が好みだという男性が現れたらチャンスは巡ってきます。

デートのセッティングですが、男性が希望する場所と日時をクラブから教えてもらい、都合がつきそうであれば、スケジュールを調整してください。
もしも予定が合いそうになければ、こちらから日付を伝えてもらうこともできますし、会わないという選択もできます。
ですが、会わないのは可能性をつぶすことにもなりますから、出来るだけ会うように行動した方が良いでしょう。

こちらから日付を伝えるときには、いくつか候補日をあげておくと、印象が良くなるかもしれません。
スケジュールが決まれば、あとは顔合わせになりますが、クラブがしてくれるのは、デートのセッティングまでです。
当日は待ち合わせ時間に、女性の方から男性に電話をかけて(クラブが教えてくれます)、食事をすることになります。

交際クラブのセッティングの流れって具体的にどうなっているのか

交際クラブでパパ活をするとき、女性が具体的に動けるのは、デートのセッティングを決めるところからです。
それまでは暇をしていればいいのですが、時間があるなら、少しでもセッティングについて知っておいた方がスムーズに話が進むではないでしょうか。

セッティングオーダーとは男性からの連絡のようなもの

セッティングオーダーというのは、男性からこの日この時間にこの場所で会いたいと言った連絡のようなものです。クラブを介して伝えられますから、顔合わせをするまでは、男性と連絡を取ることはできません。
一般的にはセッティング日の1~2週間前に連絡が来ますが、場合によっては1か月前であったり、前日であったりすることもあります。

基本的に余裕をもって連絡が来ますから、予定を調整したいところです。
よくある時間帯としては、平日の18時~20時、土日祝日のランチタイムになります。
ただし、相手の職業次第では、イレギュラーな時間を指定されるかもしれません。

待ち合わせはホテルのロビーになることが多く、セッティングの当日や前日はキャンセルできないこともありますから、キャンセルするときは早めにしましょう。
相手はその日のために、レストランの予約などしていますから、キャンセルはしないのが基本ではあります。

セッティングオーダーでわかる相手の男性像とは?

セッティングオーダーをもらう段階で、相手の職業や年齢、人となりなどは教えてもらえます。
どれくらいの情報がもらえるかは、クラブ次第ですから、ここではっきりという事はできません。
それから、指定があった日時から相手が、どれだけこちらに気を使えるのかを判断することができます。

一概に言える事ではありませんが、OL相手に平日の昼2時を指定してくる人は、配慮が足りないと言えるでしょう。
また、候補日が複数指定してくれる人の方が、心遣いが出来ると見ることが出来ます。
ただし、職業の関係上、どうしても平日しか時間が取れない人もいますし、こちら側が大学生だとしたら、平日でも会える人はいっぱいいますから、絶対的な基準ではありません。

セッティング当日は余裕を持って行動しよう

クラブのサポートはセッティングをするところまでです。当日、顔を合わせて以降は、2人で関係を作っていくことになりますから、頭に入れておいてください。
気を付ける事としては、まず時間に遅れない事です。
遅れたこともそうですが、約束を守れない人だとして、印象が悪くなります。

第一印象で張られたレッテルを挽回するのは難しいですから、余裕をもって行動しましょう。
また待ち合わせ場所に合わせた服装をするようにしてください。ホテルのロビーが多く、そういったところではカジュアルな服装は避けましょう。

どうしても服装を合わせられない時には、クラブを経由して男性にその旨を伝えてもらってください。
待ち合わせ時間になったら、こちらから男性に電話をします。電話番号はクラブから教えてもらえますから、心配することないです。
電話をかけるときには、非通知設定にしておきましょう。

初めて会う者同士、自分も相手も気持ちがいいデートを

初めて会う人同士ですから、楽しむためにはお互いにある程度気を使う必要があります。
当日だけではなくて、セッティングの段階から気を使うことで、相手にいい印象を持ってもらえるでしょう。

関連記事