パパ活は上手くいけば、楽に稼ぐことが出来る手段の1つには違いありません。
しかし、同時にトラブルに巻き込まれる可能性も、高い方法です。
もしもパパになりたいと言っている人が既婚者だった場合、トラブルに巻き込まれることはないのでしょうか。

既婚者を相手にパパ活をしていいの?

結論から言えば、既婚者をパパにするのは止めた方が良いでしょう。
肉体関係がないから大丈夫、と思われている人もいるかもしれませんが、肉体関係がなくとも、男性の妻の権利を侵害したと認められ、10万円程度ではありますが、慰謝料が認められたケースもあります。
既婚者であると知りながら、肉体関係にまで至ってしまった場合には、状況にもよりますが300万円程度慰謝料が請求されるかもしれません。

毎月何十万円とパパ活で稼いでいたら、10万円程度と思われるかもしれませんが、こういったトラブルに巻き込まれたというだけでも、その後の人生にマイナスが働く可能性があります。

パパに既婚かどうかを訊いた方が良いの?

既婚者をパパにするのが危ないのであれば、既婚かどうかを尋ねた方が良いのかなと、思う人もいるでしょう。
訊いておいた方が、確実ではあるとは思いますが、見方を変えるとパパ候補を1人失ってしまう事でもありますよね。
ですから、あえて訊かないというのも、良いのではないでしょう。

もしも既婚者だと知らなければ、仮に肉体関係を持ったとしても、慰謝料を請求されることはありません。
面倒ごとに巻き込まれてしまうのは確かですが、それで経歴が傷つく事もないでしょう。

もしもパパが既婚だと気が付いてしまったら?

直接言われなくても、結婚指輪をしているとか、話の中でそういったそぶりを見せていた場合どうしたらいいのかですが、パパを問いただしてみるのが良いかと思います。
「既婚だとは知らなかった」というのも、知らなかったことを認められて、初めて意味を持ちます。
会うときにずっと結婚指輪を付けていたのに、「既婚者だとは知らなかった」というのは認められない可能性があるという事ですね。

ですから、問いただして既婚者なら、関係を終えるようにした方がトラブルには巻き込まれないと思います。
録音などが出来れば、より自分が悪いという事にはならないでしょう。

既婚者をパパにするのはリスクが高い

仮に慰謝料とはならなかったとしても、既婚者とデートをしている場面を知り合いに見られてしまうと、良くないうわさが立つかもしれません。ただでさえ、パパ活にはトラブルがつきものですから、自らトラブルのもとに足を踏み入れないようにしたいですね。