パパ活は基本的には違法ではありませんが、条件が揃ってしまうと、慰謝料を請求されるという事があります。そのような事態に陥った時に、いったいどれくらいの額になるのか、ご存知ですか。慰謝料を請求されたけど、払えないとなると、さらに状況は悪化しますから、事前に頭に入れておきましょう。

パパ活での慰謝料はどれくらい?

まず慰謝料が請求されるのは、自分か相手が既婚者であった時だと言っていいでしょう。
パパが未婚であれば、ほぼ慰謝料を請求される可能性はないと言っていいです。
慰謝料を払う根拠として、自分またはパパのパートナーの権利を侵害したからと言った感じのものですが、その額は様々な要因次第で、大きく変わってきます。

ひとまず、肉体関係を持っているかどうかですが、パパ活であれば肉体関係はないのではないでしょうか。
つまりデートや食事だけなのですが、慰謝料を請求される可能性があります。
ただし、金額としては控えめで、過去の判例としては、10万円程だと言います。

万が一肉体関係を持っているのだとしたら、おおよそ50~300万円と金額が跳ね上がります。
明確な基準というものは存在しませんが、相手を離婚させてしまったら、300万円もありえるのだそうです。

慰謝料を払わなくて良くするには?

慰謝料を払う状況は、既婚者をパパにしているから訪れます。
そのため、独身の男性をパパにすることで、慰謝料を払えという状況はなくなるはずです。
それからパパが既婚だと知らなかったのであれば、慰謝料を払わなくてよくなります。

そのため、パパと付き合うときには、変に詮索しない方が良いでしょう。
既婚だと気が付きながらも、気が付かなかったという人もいるかもしれませんが、バレる可能性もありますし、お勧めはしません。
トラブルに巻き込まれないためにも、パパが既婚者だと知ってしまったら、もう会わないようにした方が良いかもしれませんね。

パパを人に紹介するときには注意

パパ活で、慰謝料以外の危険性ですが、特に気を付けたいのが、パパを人に紹介することです。
正確には、パパを紹介して、そのパパが紹介された子に肉体関係を求めてしまった場合、売春を斡旋したと見られかねません。
そうなると、売春あっせん罪に問われます。

ここまでくると、お金だけで解決できるかも怪しいですから、パパを紹介するときには、気を付けて下さい。

慰謝料を払わない状態を作ろう!

お金も大事かもしれませんが、誰かに恨まれるというのも、良くはありません。
ですから、慰謝料を万が一にも払わなくていいように、対策はしっかりしておきましょう。