パパ活術

ツールは使い方次第で、とても便利に使うことも、とても不便になることもあります。
初めてパソコンに触れた時や、スマホに触れた時、現在ほど使いこなせなかったと思いますが、今はそうではないのは、使い方を知ったからですよね。
それは出会い系サイトでも同じです。パパ活で出会い系サイトを使うには、どうしたらいいのでしょうか。

活動するサイト選びが最初の大きな山場

パパ活に限らず、出会い系サイトを上手に使うには、サイト選びがとても重要です。
極端な話、パパになってくれる人がいないサイトを使っても、成功するはずはないですよね。
パパになってくれる人は、少なくともある程度お金に余裕がある人です。

そのため、無料サイトを使う人はいないでしょう。
使うなら、人気のある有料サイトです。有料とはいっても、女性は無料であるところがほとんどですから、そこまで気にすることはありません。
選んで間違いないのは、とにかく人気のある大手のサイトです。

出会い系を使ったことがなく、どのサイトが有名かもわからない時には、ネットで検索してみると、すぐに見つけることが出来るでしょう。
最近はパパ活専用サイトもあるみたいですから、それを使ってもいいかもしれませんね。

相手にアピールするプロフィールは充実させるのが基本

出会い系は女性の方が数が少なく優位なのですが、パパ活ではそうではありません。
パパよりも、パパ活女子の方が多いですから、自分を選んでもらえるようにアピールする必要があります。
数少ないアピールできる場所の1つがプロフィールですから、面倒くさがらずに書くようにしてください。

書くのはパパが求める情報です。個人情報に繋がらないような、年齢や職種、身長や体重と言った体の特徴などです。
身長など、明確に数字が出ている場合には、それを書いていた方が男性に興味を持ってもらいやすくなります。
身長が160cmなら、ちゃんと160cmと書くという事ですね。

その時、嘘はつかないでください。パパとは信頼関係で成り立ちますから、嘘がバレるとそれだけで援助を打ち切られるかもしれません。
プロフィールで大事なのは、嘘をつかない程度にポジティブに書くことです。

最初の連絡の段階で違うと思ったら相手をしないようにする

サイトの掲示板でパパ募集をする(現在は堂々とできませんが)と、たくさんの人からメールが届くと思います。
しかし、その中で本当にパパとなってくれる人は、ごく少数かいないかと言ったところでしょう。
全員の相手をしていると大変ですから、見てすぐに体目的であるとわかる、すぐに連絡先を要求してくる、個人情報を聞き出そうとするといった人はスルー対象です。

男性側はメールを送るにもお金がかかりますから、無料のトークアプリなどを使いたいはずですが、1~2通でも駄目な人は、お金を持っていないと言えます。
敢えてメールを続けることで、相手の目的を見定めることもできるというわけですね。
しかし、あまりだらだらとメールをするのは、お金持ちでも快くないですから、4~5通くらいで判断してしまってください。

掲示板を使うときには、複数ある掲示板の、書けそうなものすべてに書くようにしましょう。さらに多くの人からメールが来ると思いますが、パパになってくれる人がいる可能性も高くなります。

掲示板に書き込んだ後は基本は待つことになる

掲示板に書き込んでから、男性からの反応を待つことが基本になります。
掲示板に書き込む時間は、21時~24時くらいが、理想とされていますから、覚えておくと良いでしょう。

関連記事

    None Found