どこまで教えてもいいの?

パパ活で、特に気を付けたいのが個人情報の管理です。顔合わせで危ない人に出会ったとしても、すぐに逃げてしまえば事なきを得ることもできますが、もしも住所を知られてしまうと、家にまでやってくる可能性があります。
しかし、パパと付き合う中で、何も教えないわけにはいきませんよね。

そこで、パパ活での個人情報の扱い方について、お教えします。

信頼できる相手でも教えないように!

基本的に教えても大丈夫なことは、連絡先としてのフリーメールのアドレスや、学生・OLと言った簡単な職業、あとは年齢くらいです。
フリーメールではなくても、個人に繋がらない連絡先なら、教えても大丈夫ですし、連絡先を教えないというのはまず無理です。
名前に関しては、本名ではなく仮名にしておきます。ハンドルネームをそのままでもいいのではないでしょうか。

相手が信頼できると確信できるなら、本名など教えてもいいですが、できれば最後の最後まで教えない方が良いです。
この他に話しても問題ないのは、個人には結びつかない事ですね。
例えば趣味や好きなもの、嫌いなものなどです。

信頼が出来た後も、住所や勤め先、学校名は教えないようにしておきましょう。
普段の会話の中で、それらが必要になるという場面は訪れないはずです。

意外な所から知られるかも?!個人情報の問題を甘く考えない

まず初対面で写真を撮ってくる人は、気を付けた方が良いです。
頼むところに頼めば、写真1枚からでも住所を特定されるかもしれませんし、ネットに流される恐れもあります。
連絡先として、電話番号を聞いてくる人もいますが、電話番号を変更することは難しいため、通話が必要であれば通話できるアプリを使うなどしておくと良いでしょう。

トークアプリで連絡を取り合うときには、登録している名前が本名になっていないかを確認しておいてください。
この他、意外なところから、本名がバレることがありますので、パパ活を始める前にすべて確認しておくと良いでしょう。
意外とやってしまうのが、銀行口座を教えてしまうことです。

お金を口座に振り込むからというのが理由ですが、口座番号を教えると、本名がバレてしまいます。
車のナンバーも個人を特定するときに使えるものになりますから、パパと会うときには車を使わないようにしましょう。

会話の話題で手に入れた相手の個人情報はどうするべき?

勤め先や役職など、知っておくといざというときに役に立つこともあるでしょう。
しかし、こちらが教える気がないのに、相手の情報だけ聞けるのかどうかを考慮する必要があります。
男性目線、勤め先を聞いておいて、自分は話さないというのは気分がよくありませんし、不誠実だと取られてしまう恐れがあります。

話術に自信があれば、相手にポロリと口に出させることが出来ると思いますが、そうではない場合、無理に聞き出さない方が良いかもしれません。
それに、相手が既婚か未婚かは、知らない方が良いです。
未婚なら問題ありませんが、もしも既婚であれば、パパ活で肉体関係がなくても損害賠償を求められる事例があります。

相手が既婚だと知らなかった場合、損害賠償を請求されることはありませんから、下手に知るよりはある程度距離をとっておいた方が安全だと言えるでしょう。

設定を作るのもいいけど大きな嘘はつかないで

個人情報を隠し通せる気がしないので、設定を作るという対処法もありますが、嘘をつきすぎると、今度は詐欺罪に問われる可能性が出てきます。

関連記事

    None Found