パパ活に向いている人と向いていない人

誰でもできる、簡単にできると謳っているものでも、向いていなければ出来ない事もありますし、普通は無理だろうと言われることでも向いていれば、出来る事もあります。
それはパパ活でも同じことです。
ではどういう人が向いていて、どういう人が向いていないのでしょうか。

パパ活動に向いてる人ってどんな特徴があるの?

まずは素人っぽさを出せる人でしょうか。素人なんだから、「ぽく」する意味はないかもしれませんが、慣れていると思われないようにしたいところです。
パパになってくれる人は、お金に余裕がありますから、プロの接待を受けたいならキャバクラに行きます。

それなのにパパになるというのは、素人の子と話がしたいからです。
パパ活において、パパの期待に応えることは大切ですから、頭に入れておいてください。
またパパ活は、簡単に結果が出るものではありません。

何人ものパパ候補と顔を合わせて、ようやく理想のパパに出会える場合がほとんどです。
理想のパパに出会うまでに、騙されるかもしれませんし、トラブルに会うかもしれません。
沢山くるメールには、見たくもないようなことが書いていることもあります。

それらを乗り切れるメンタルを持っていないと、パパ活は難しいです。
また、夢に向かって前向きに頑張っている人は、パパも応援したいという心理が働きますから、成功しやすいと言えます。

パパ活男性と付き合うのが向いてない人の特徴

パパ活でパパになってくれるのは40以上の男性が主になります。
ですから、おじさんが苦手という人は、パパ活には向いていないでしょう。
そもそも男性が苦手とか、嫌いという人はパパ活はできません。

パパ活をすると、すぐに大金がもらえると考えている人もいますが、前述通り根気勝負になりますから、向いていません。
パパ活が簡単で、ちょっと遊ぶお金が欲しいという人にも向いていないでしょう。
男性側はお金をいっぱい持っていますが、だからと言って溝にお金を捨てるという人はいないと思います。

ですから、もらったお金の価値を理解していない人には、1000円でも渡したくないという人も少なくありません。
以上から、パパ活を軽視して、パパからもらったお金を何とも思っていない人には向いていません。
また別のベクトルで、何かとネガティブなことを言ってしまう人だと、一緒にいてパパが楽しんでくれない=長続きしにくいという事で、向いていません。

活動のやり方を変えれば少しだけ状況は変わる

パパ活でメンタルが、というのはあくまでも出会い系サイトを使った場合です。
もしも交際クラブを使うのだとしたら、少しだけ状況が変わります。
男性からメールが来ませんから、嫌なメールを見ることもなければ、それを選別する手間も必要ないです。

出会える人も、クラブが入会を認めた、紳士的なお金持ちですから騙されることもほとんどないでしょう。
そのため、出会い系サイトを使うときほど、メンタルが強くなくていいです。
ですが、初めて会った人とちゃんと話せるかとか、パパになってくれるように誘導できるのかと言った、スキルが必要になってきます。

パパ活が成功する秘訣は?

パパ活で成功するには、パパ活に対して前向きな考え方が出来るかがカギとなります。
そのためパパ活に向いている人は、ちゃんと目標や夢があり、それに向かって活動している人と言えるかもしれませんね。

関連記事

    None Found