パパ活と言った場合、そのメリットばかりが取り上げられ、なかなかデメリットは取り上げられません。取り上げられていたとしても、なかなかデメリットには目が向かないものです。
ですから、改めてパパ活のメリットとデメリットに目を向けてみましょう。

社長レベルの人と会話できるかも?!楽に稼げるだけじゃないパパ活のメリット

パパ活でよく言われるのが、楽に稼げるという事です。確かに金銭的なメリットは大きく、それだけで生活が出来る人もいるほどですよね。
同時に1人のパパに費やすのは、週に1回あったとして月に4日ですから、時間的にも余裕が生まれます。
また、パパとなってくれる人は、企業の社長や役員などお金を持っている人になりますが、そういった人は相応の人生経験と成功談を持っているでしょう。

自分の会社の社長レベルの人と、個人的な話が出来るという事は、その後の人生に大きな影響を与えてくれるかもしれません。
それに、日常生活では絶対に出会えないような人と、コネクションを持てるという事にもなりますから、ただ食事をするだけだったとしても、プラス面は大きくなるでしょう。

パパ見つけ方が大変なパパ活のデメリット

パパ活のメリットを享受するためには、理想のパパに出会えることが絶対条件です。
ですが、そのパパに会うのが難しいというのが、大きな壁ですし、パパ活のデメリットと言えるでしょう。
パパ活をしていると、パパになりたいという人自体はたくさん現れるかもしれません。

ですが、体目的であったり、何かと高圧的な人であったり、お金を持っていない人であったりと、全員が理想のパパだというわけではありません。
理想のパパに出会う前に、そういったパパ候補と何人、何十人と連絡を取ることになる人もいるでしょう。

ようやく顔合わせまでこぎつけたのに、相手がいきなり襲ってくるかもしれないというリスクもあります。
そのため、良パパと巡り合うまでに、パパ活を止めてしまう人も少なくありません。
ただこの辺りは、定期的に付き合う気がない、お小遣い稼ぎメインの人だとあまりデメリットにはならないかもしれませんね。

定期的に使う場合、相手が既婚者だと奥さんにバレた時に、損害賠償を請求されるかもしれないというリスクもあります。

パパ活動をやめた後の将来のことも考える

パパ活をいつまでも続けることが出来たら嬉しいですが、いつかは終わってしまうものです。
パパ活が自分にとってプラスだったのか、マイナスだったのかというのは、止めた後にこそ現れてくるものではないでしょうか。

例えば、パパからもらったお金で、夢だった自分のお店を持つことが出来たとか、諦めていた大学進学をすることが出来たというのであれば、パパ活は良いものだったと言えるでしょう。

逆にパパ活の贅沢な生活に慣れてしまった結果、パパ活を止めた後収入が減った状態でも、贅沢を止めることが出来なくなってしまい、お金に困るようになったという場合には、パパ活をしない方が良かったと考えられます。
大切なのは、パパ活が終わっても、自分が幸せにやっていけるかではないでしょうか。

メリットとデメリットをしっかり見極めよう

パパ活はスマートフォンさえ持っていれば、今すぐにでも始められます。
しかしリスクもありますし、パパが見つからなければ時間を無駄にしてしまうかもしれません。
しかし、パパ活でしか得られないメリットもありますから、バランスを考えて始めるかどうかを決めるといいでしょう。

関連記事

    None Found