パパ活違法じゃないの?

パパ活について調べていると、違法だと言っている人もいれば、違法ではないと言っている人もいて、はっきりしないところがあります。しかし、違法かどうかというのは、大きな問題ですよね。
そこで、パパ活が違法かどうかを調べてみました。

パパ活はデートをしているだけなので違法じゃない!

パパ活とは、肉体関係を持たずに、パパとなる男性と食事などのデートをすることで、援助を受けるというものです。
良く知られている違法行為の売春は、肉体関係をもって初めて成立します。
パパ活はただデートをしているだけですから、違法にはならないです。

援助交際が違法だとされているのは、簡単に言うと売春関しているから、肉体関係が絡んでいるからです(実際にはもう少し違います)。
パパ活とほぼ同じ言葉にデート援助交際というものあり、援助交際は援助交際だから犯罪だと言われることもありますが、基本的に肉体関係がなければ違法ではありません。
ただし、違法行為となるパターンがいくつかありますから、それには注意をしましょう。

分かりやすい例だと年齢でしょうか。どちらかが18歳未満であった場合、トラブルになりやすいです。
肉体関係を持てば当然アウトですし、肉体関係を持たずとも、未成年の方の保護者が通報した場合に誘拐罪に問われる可能性があります。
それから別の例として、肉体関係を持たずとも、女性側に男性が必要以上に性的サービスを求めた場合には、風俗営業法に違反する可能性がありますから、男性に迫られたときにでも覚えておくと良いかもしれません。

嘘をつくと詐欺になるかも!?

パパ活をしていると、パパからその理由を聞かれることがあるかと思います。
もしくは、自分からお金が欲しい理由を伝えるかもしれません。
パパ活において、お金が必要な理由は大切なもので、借金があるからお金がいるのだとか、今のままではどうしても生活が苦しいなどの理由があった方が、援助してもらいやすいですよね。

男性側から見ても、援助するにあたって何もないよりは、何かあった方がお金を出しやすいものです。
ですから、テクニックとして、それっぽい理由を伝えると良いと紹介しているところがあります。
しかし借金なんてないのに、借金が100万円あって、すぐに返さないといけないから振り込んで欲しいといった場合、だまし取ったと判断されて、詐欺罪に問われる可能性がありますから注意してください。

既婚者を相手にするのは危険

パパ活での関係として、多くは男性が既婚者で、女性が未婚という状況だと思いますが、自分か相手どちらか、もしくは両方が既婚者の場合パパ活はしない方が良いです。
肉体関係がなければ、不貞行為には当たらず、不倫にはならないという考え方もありますが、それぞれのパートナーの権利を害したと言われた場合、慰謝料を請求されるかもしれません。

請求されること自体は少ないようですが、用心に越したことはないでしょう。
もしも相手が既婚者だとしても、自分がそれを知られなければ、慰謝料を請求されることもありませんから、あえて知らないようにしておくというのも、一つの手段かもしれません。

正々堂々がこういったトラブルには巻き込まれ難いかも

身体の関係は持たない、嘘をつかない、相手の事は一切詮索しないという事を徹底していれば、パパ活をしていて法的問題に発展することはないと言えるでしょう。

関連記事

    None Found