パパ活と聞いて

パパ活と聞いて、不快に感じる人がここを見ているとは思えませんが、不快だと感じる人がいるのは事実です。
そのため、パパ活について話がしにくく、中にはパパ活をすることを躊躇っている人もいるのではないでしょうか。
なぜパパ活が悪く言われるのか、考えてみました。

援助交際などの違法行為と混同されるから

パパ活で体の関係は必要ありません。食事などのデートをして、援助をしてもらっているだけです。
しかし世間に耳を傾けてみると、パパ活は肉体関係が全体だと言っている人が多く見られます。
体の関係があったうえで、金銭のやり取りがあれば、売春となり罰則がなくとも違法です。

しかし、繰り返しになりますが、パパ活の場合体の関係は必要ありませんから、違法ではありません。
ただし、どちらかが未成年だとトラブルになりますし、既婚者であれば配偶者の権利を害したとして、損害賠償を請求されることはあります。
エッチありのパパ活と言って活動している人もいることが、援助交際や愛人と混同されている原因かもしれませんね。

パパ活はデート援交ともいわれ、援助交際の1種だから犯罪だと言う人もいますが、違法なのは売春であり、女性が男性からお金を受け取る事ではありません。

パパ活の内容が楽してお金を稼ぐものだと思われているから

常識という観点から見てみると、お金とは努力や苦労をしたうえで手に入れるものであり、楽して手に入れると疎まれる可能性が高いです。
お金を持っていても働いていないと、白い目で見られます。
宝くじに当たるとなぜ自分は当たらないのだと文句を言いますし、ひどい人になると楽して手に入れたお金だからと、よこせと言ってきます。

人間がなのか、日本人なのかは分かりませんが、どうやら多くの人が自分と同じ苦労を味わっていないと、許せないと考えているのだと思います。
そのため、食事をするだけでお金持ちから、お金をもらえるというイメージのパパ活は、妬みの対象となり、悪いイメージが生まれるのです。
パパを見つけ、関係を続けるために、女性がしている努力を認める人はかなりの少数派だと言えます。

実際のところパパ活って悪い事なの?

既婚者であるとか、年齢などで悪いと言われても仕方がない状況も確かにあります。
パパからたくさんお金をもらおうと、嘘の理由を言った場合、詐欺に問われることもあります。
しかし、肉体関係を持たずに、デートをしてお金をもらうだけなら、違法ではありませんから、悪いはずがありません。

双方が納得しているのであれば、周りからとやかく言われる筋合いはないです。
悪くいってくる人にはおそらく、自分本位な正義感や常識、自分にはできないという妬みがあるのだと思います。
ですが、咎められることはしていないのですから、そういう人を相手にするよりも、自分の夢を応援してくれる人を見ていた方が良いかもしれませんね。

法律を守って活動してるなら援助して貰っている事を後ろめたく思う必要はない

パパ活をする中で、超えてはいけない一線はありますが、それを超えないように、法律を守って活動しているのであれば、後ろめたく思う必要はありません。
パパ活が駄目なら、親からお金を援助してもらうことも悪になるでしょう。
それに、違法でないパパ活が悪いのであれば、世間一般に広まっている過剰労働などの違法行為の方が悪いに決まっています。

関連記事

    None Found