パパ活で確認しておきたい事

パパとの初顔合わせ、緊張しますよね。どんな人なのか、どんなことを話せばいいのか、本当にパパになってくれるのか、不安に思うことも多いでしょう。
少しでも不安を和らげるためにも、顔合わせの時にどういった事に気を付けておけばいいのかを考えてみましょう。

決めておくことは最初のメールのやりとりで決めておく

パパを見つけるツールとして、メジャーなのが出会い系サイトです。
出会い系でパパ候補を見つけて、アプリやメールで連絡を取り合い、初顔合わせという流れになります。
という事は、会うまでの間にお互いパパ活だとわかっていることが多いですよね。

そこで、メールのやり取りの間に、ある程度パパとの契約について話してしまうのが良いでしょう。
まずは定期なのか、単発なのかを決めて、定期なら月に何回会うのか、金額はどれくらいになるのかと言った感じです。
前もって決めておいて、顔合わせで相手のルックスや人となりを見て、契約するかを決めるようにした方が話がスムーズに進みます。

条件が悪いとわかれば、会う前に切ることもできますから、リスクを伴う顔合わせをする必要もありません。
何より、周りに人がいる中で、パパ契約については、話しにくいという人もいるでしょう。
あくまで、事前にお互いがパパ活だとわかっているときの話ですから、交際クラブなどの場合には前もって決めることは難しいです。

挨拶や見た目などの第一印象は大切に!

人は見た目が一番とは言いませんが、第一印象次第でその後どうなるかは変わってきます。
少なくとも見られて恥ずかしくない格好をしましょう。
相手の好みを知っているのであれば、それ合わせた格好をしていくと好感度も上がるはずです。

それから、待ち合わせや入るお店のランクに合わせることも忘れないでください。
服装や持ち物は待ち合わせの際の目印にもなりますから、特に気を使いましょう。
待ち合わせ場所でパパ候補の男性とあったら、明るく挨拶をしましょう。

挨拶が暗いとその時点で、暗い子なんだなというレッテルを貼られて、なかなか払拭することが出来ません。
自分が思っているよりも明るい声を出すと良いです。
わざとらしくなっても、評価を下げるという人は少ないです。

出会うまでに条件を変えてくる男性とは会わないように!

実際に会ってみて、条件を変えたいという人もいるかもしれませんし、話している中で思わぬ方向に話が進むこともあり得ます。
どういった場合でも、自分の許容範囲を超えてしまったら、はっきりと嫌だと言って、駄目だった場合は諦めるくらいの心構えは必要です。
例えば、金額が少なかったとか、肉体関係を要求してきたとかですね。

特に肉体関係を迫ってきた場合、曖昧な返事をしていると、押し切られてしまう可能性もありますから、はっきりと断り「お話ありがとうございました」と帰るのも大事です。
また初めから相場より少ない金額しか出そうとしない人は、その後もそれが上がることは少ないですから、早めに切り上げた方が良いかもしれません。

顔合わせの後も相手を見極める必要があります

相手は男性で力も強いですから、相手のペースに流されてしまうと、言いなりになってしまうこともあります。
そうならないために、自分をしっかり持って対応しましょう。
定期の契約を結んだ場合、長い付き合いになることも多いですから、何度も会いたい人かどうかも見極めるようにしてください。

関連記事

    None Found