パパとの別れ方

出会いがあれば別れがある、とは少し違うかもしれませんが、パパ活をしているとパパと別れるという場面が訪れる事でしょう。
援助をしてもらっているこちらから、別れを切り出すというのはなかなか勇気がいりますし、すんなり受け入れてくれるとも限りません。
ではどのように別れたら、後腐れないのでしょうか。

最初から別れるタイミングを決めておくのも対策の一つ

最も確実な方法としては、最初から別れのタイミングを決めておくことです。
契約段階で、目標を達成したら関係を終わらせる等、言うことが出来れば別れるときには相手も受け入れてくれるでしょう。
パパが理解のある人であれば、契約時に話を出しても何か言われることはないと思います。

理解を得られなかった場合、契約を打ち切られてしまうかもしれませんが、そういう人の場合契約を続けても別れ際に大きなトラブルを起こすかもしれませんから、トラブルのないうちに別れておくというのも1つの手です。
ですが、実際はなかなか言い出しにくいと思いますから、できる人はという対処法になるでしょう。

区切りを見つけて手を引く時はトラブルに注意しましょう

パパ活をしている中で、自立心が芽生えて、手を引きたいと考える人もいますよね。
その時には、何か区切りがあれば別れを切り出しやすいです。
例えば就職したからでもいいですし、結婚するからでも構いません。

パパからの援助が必要なくなる自然な理由があれば、相手も納得せざるを得ないでしょう。
少なくとも、何の理由もないとか、そのパパに飽きたからという理由よりは、納得してもらえる可能性は高いです。
納得してもらえばいいわけですから、結婚の予定がなくても、結婚するからと言ってしまうのもいいでしょう。

大事なのは相手に納得してもらう事と、相手を傷つけない事・変に刺激しない事です。
パパによっては、逆上してしまう人もいますから、自分の身を守るうえでも穏便に済ませましょう。
今までお金をもらっていた立場ですから、嫌いになったのだとしても、相応の態度で別れる必要があります。

相手が全く取り合ってくれない状況は連絡がきても音信不通で逃げ出そう

そもそも、別れるときに相手に納得してもらう必要があるのはなぜなのでしょうか。
自分自身が負い目に感じないようにするため、という理由もあるかもしれませんが、下手な別れ方をすると、そのままストーカーになるかもしれないからです。
ストーカーで付きまとわれたうえに、相手を怒らせてしまっていたら、いつどこで危害を加えられるかわかりません。

そのため、メールや電話でなんとなく別れるのではなく、相手に感謝をしたうえで面と向かって別れを切り出した方が良いでしょう。
ただし、どれだけ誠意をもって伝えても、伝わらない人はいます。
急に性格が変わって、全く取り合ってくれなくなる人もいるのが現実です。

そういう時には、最終手段として音信不通で逃げ出すのもやむを得ないでしょう。
ただ音信不通だとしても、ちょっとした個人情報から住所を割り出されて、ストーカー化することもありますから、パパ活をしているときには本当に必要な情報以外は相手に教えないことが大切です。

パパとなって援助してくれた男性にはハッピーエンドを演出する

パパの側も中途半端な別れや、喧嘩別れは望んでいません。出来る事ならハッピーエンドで関係を終えたいという人が多いでしょう。
そのため、嘘でもいいからそれらしい演出をすることで、上手く別れられるのではないでしょうか。

関連記事

    None Found