パパ活におけるパパに、どのようなイメージがありますか。成功した人の話を聞いていると、会社の社長とか役員とか、お金持ちがパパになるような感じがします。
ですが、パパ候補となる人は、そういったお金持ちだけではありません。パパに立候補する人にどのような人がいるのか、考えてみませんか。

お金持ちで頑張っている子を応援してくれる余裕のある人

イメージとしてある、理想的なパパが、お金持ちになるでしょう。
特にパパという立場をわきまえて、深入りせずに応援してくれる人だと最高かもしれません。
地位高い人の場合、社会経験も豊富ですし、成功体験からくる自信や余裕もありますから、理想のパパになってくれる可能性が高いです。

お金をかけたいと思う人であれば、惜しみなくお金を出してくれるのも、ポイントが高いでしょう。そのため、いかにパパに気に入ってもらえるかが、こちら側の勝負の分かれ目になります。
社長や役員と言った人以外だと、人気があるのが医師です。

代々医者をやっている家系だと、育ちもいいですし、お金も持っていますからスマートな付き合いが出来るでしょう。
こういったパパは女性を見る目も厳し目にはなりますから、気に入られるまでが大変かもしれませんね。
それと、お金持ちでも、性格が横暴な人もいますから、注意が必要です。

女性と付き合ったことがないような男性

素人にわざわざお金を払ってまでデートをしようと考えるのは、お金に余裕がある人か、そうでもしないと女性と話す機会もない人ではないでしょうか。
こういった男性の場合、単発で食事に付き合うだけというのであれば、あまり気にする必要はないかもしれませんが、長期的に付き合うと考えた時に、金銭的に物足りない部分が出てくるかもしれません。
お金持ちというわけではないですから、出せる金額の限界もすぐに来てしまいます。

加えてパパ活だからと、相手に優しくしていると、恋愛感情があるのだと勘違いされるかもしれません。
極端な人になると、ストーカーになるかもしれませんし、急に抱き着いてくることもありますから、注意した方が良いパパだと言えます。

一般のサラリーマンでもパパになる時代!?定期契約するのもアリかも

メディアでパパ活が取り上げられて、パパ活をしたい女性と、パパになりたい男性が増えています。男性の中で増えるのは、お金持ちではなく普通のサラリーマンだと言われています。
週に1回会って、月5万円+デート代と考えると、無趣味な男性だと平均年収でも用意することが出来ますから、パパになれなくはありません。

お金持ちのような金銭的なメリットはありませんが、お金持ちを相手にするのは気が引けてしまうという人もいるでしょう。
初心者でまずはパパ活というものがどういうものかやってみたい、という人であればパパ活を体験するという意味で、サラリーマンと契約を結ぶのもいいのではないでしょうか。
パパからもらう金額が大きくなると税金がかかりますから、免除額の年110万円を超えない程度に稼ぎたい人にもいいかもしれません。

肉体関係目当ての人もいるので信頼できるまでは細心の注意を!

相手が男性である以上、身体や顔しか見ていない人もいるという事は頭に入れておいてください。
どれだけ信頼できそうだという人でも、本当に信頼できるとわかるまでは、周りに人がいるところ以外では合わないようにしましょう。

関連記事

    None Found