パパを募集する時のプロフィールの書き方は個人が特定されない程度に詳しく

出会い系サイトにおいて、プロフィールを充実させることは基本中の基本です。
ですが、今まで出会い系サイトを使っていなかった人や、パパ活を行っていなかった人だと、ピンと来ないかもしれません。
なぜプロフィールが大事なのか、どういった事を書けばいいのか、ご紹介します。

なぜプロフィールが大事なの?その理由を解説!

パパ活目的ではない場合、出会い系サイトは男性の方が女性よりもはるかに多く、女性というだけで目立つことが出来ます。
同じように女性というだけで、多くのアプローチが来ることでしょう。
そのため、プロフィールに関しては、大雑把に書いていてもあまりデメリットにはなりませんでした。

しかし、パパ活の場合には、女性の方がパパになろうとしている人よりも多いです。
そのため、出会い系の常識が通じず、自分が選ばれるように、アピールする必要があります。
やり方によっても違う部分はありますが、アピールできる場所は、プロフィールか掲示板の書き込みか、相手に送った最初のメールです。

この中で最も詳しく自分を書くことが出来る=アピールできるのはプロフィールになると思いますから、現実で言うところの第一印象くらいの重要性があると言えるでしょう。

自分のプロフィールははっきり書いた方が連絡がくる可能性が高くなる

プロフィールで、どんな人を求めているのかを一生懸命書いている人がいますが、パパとなる可能性がある男性にとって、それはどうでもいいことです。
大事なことは、自分の事を細かく書くことになります。
例えば、身長や体重、スリーサイズ、年齢などははっきりと数字で書いた方が良いです。

そうすることで、相手に自分の姿を想像してもらいやすくなり、連絡をくれる可能性が高くなります。
プロフィールを書くときに、少なくともパッと見ただけでわかるような嘘はつかない方が良いです。
特に優良なパパであるほど、信頼関係は大事になりますから、不要なところ信頼を崩す種をまくのは逆効果でしかありません。

それから、会える場所や曜日、時間帯を具体的に書いておくと良いでしょう。
その時には、自分の住んでいる場所から、離れた場所を指定しておくようにしてください。
最寄駅などを指定してしまうと、そこから自宅がバレる恐れがあります。

前もってこういった情報を伝えておくことで、話がスムーズに進みますし、気が利くという事で相手からの印象もよくなります。

利用停止になる危険も!伝え方はそれとなくパパ募集を匂わせる

以前は堂々とやっていたパパ募集ですが、今ではパパ募集だとわかる書き込みをしてしまうと、利用停止処分になる可能性があります。
頑張ってプロフィールを書いても、利用停止になったら、意味がありませんから、遠回しにパパ募集をしましょう。

キーワードとなるのは「余裕のある男性」「大人の男性」「経済的余裕がある」「年上の男性」「成功された方」と言ったところでしょうか。加えて、夢を応援してくれる人などと書くと、大体の意味は通じるでしょう。
それから大切なのは、素人っぽさを出すことです。
お金を持っているパパがわざわざ出会い系を使うのは、素人の女性を求めているからです。

こなれた感じに専門用語などを使うのは、避けるようにしてください。

個人が特定されない程度に詳しく書く

体重など書きたくないという人もいるかもしれませんが、具体的に書いた方が出会える可能性が高くなりますし、顔合わせの段階で自分の体型に悩まずに済むでしょう。

ページの先頭へ